ある電飾屋の昼飯とか


by ypstar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今日の昼飯 2009.9.12

今日の昼飯は雨も降っていることだし近くの「さわだ」へ。

「ジャンボチキンとメンチ(880円)」
a0030748_1434672.jpg



さわだから帰ってくると郵便物が届いていた。

開けてみるとVectorWorksの販売会社「A&A」からで、

A&A Informationポータル開設記念企画「プレゼントキャンペーン」当選のお知らせ。
a0030748_14341615.jpg


さすが、建築用CADのVectorWorksだけ有って当たった賞品は

「デザインサーベイテンプレート」
a0030748_14342474.jpg

「本商品は、建築物や工業製品などに隠れたデザインの法則を検証することの
 出来る画期的なツールです」

とのことで、黄金比、白銀比、放物線、懸垂線のテンプレートだそうです。


補足説明

黄金比(Golden ratio) 1:(1+√5)/2
 最も美しい四角形として古代から世に喧伝されている幾何学級数比です。
 建築に限らず多くのデザインが黄金比に基づいていると言われます。
 絵画用のキャンバスのMサイズは黄金比を基準にしており、その半分に
 したものがFサイズです。


白銀比(Silver ratio) 1:√2
 四天王寺の伽藍配置がこの比になっていることで有名です。
 正方形の対角線を基本とする比で、半分にしてもその比率が変わりません。
 身近なところでは用紙の版形がそうなっています。
 また、キャンバスのPサイズは白銀比になっています。


放物線(Parabola) Y=kX2(二乗)
 物を投げ上げた時に出来る軌跡です。
 遺っている物は少なくなりましたが分離派建築家の作品にしばしば使われた線形です。
 ガウディも放物線を多く使ったそうです。


懸垂線(Catenary) Y=a((e(X/a)+e(-X/a))/2)
 両手に持った紐を自然に垂れ下げた時に出来る形です。
 古代、中世寺院の屋根の反りは多く懸垂線でデザインされています。
 また、サーリネンのゲートウエイアーチは逆カテナリーとして有名です。
[PR]
Commented by くっしー at 2009-09-12 22:32 x
黄金比とか白銀比、萌えます!!
Commented by staryamamoto at 2009-09-12 23:24
ふっ、マニアですなあ

嫌いじゃないですよ、そういう人。
Commented by naseba08 at 2009-10-19 20:38
はじめまして。Hiroと申します。
実は、私のブログにデザインサーベイテンプレートの記事を掲載したのですが
実物の写真がA&Aに無く、無断で利用させて頂き申し訳ないのですが貴ブログの写真を加工させて頂き掲載致しました。
ご迷惑でしたら直ぐに削除致しますので、ご確認の程お願い申し上げます。
Commented by staryamamoto at 2009-10-20 16:10
Hiroさん、こんにちは。
写真はどうぞ自由に使って頂いていいですよ。
僕はデザインサーベイテンプレートはプレゼントで当たったので売っているとは知りませんでした。
Commented by naseba08 at 2009-10-22 17:41
感謝です。ありがとうございます!

今後とも宜しくお願い申し上げます。
Commented by staryamamoto at 2009-10-22 21:04
こちらこそよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by staryamamoto | 2009-09-12 15:04 | 今日の昼飯 | Comments(6)